歌詞

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

こうして歩いていると

楽な道ばかりじゃなくて

大変だろう 君まで同じ

想いもうしなくてもいいと

声をかけようとして

振り返るたびいつでも

変わらず近くにいてくれる

君に何も言えなくなる


あのとき君が

そうしてくれたことは

何があっても忘れたくない


神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

辛いことも二人でなら

頑張っていけるんです

神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

嬉しいことが何倍も

嬉しいと感じながら生きていけるんです


こうして歩いていると

楽な道ばかりじゃなくて

大変そうな君が時々

僕の目に映るけど

何か言おうとした君が

「やっぱりやめた」と笑えるように

変わらないで近くにいるから

必ずそばにいるから


あのとき君が

そうしてくれた気持ちと

同じ気持ちなんだと思う


神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

辛いことも二人でなら

頑張っていけるんです

神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

嬉しいことが何倍も

嬉しいと感じながら生きていけるんです


神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

辛いことも二人でなら

頑張っていけるんです

神様 こんな縁を僕にくれてありがとう

僕には少しもったいないかなと

思っていてももうだめですよ


この幸せを決して僕は手放さない

提供: うたまっぷ