歌詞

カナシミノイロ

星野真里

作詞
坂元裕二
作曲
オオヤギヒロオ

カナシミのイロした 君の目が 今

輝いてゆくのを ただ僕は見ていた


ケイタイのメモリー 心よりも早く

スペイン坂 午前三時 君にくちづけした


カフェの窓に 映る 君の横顔が

笑うのかな 泣いてるかな 未来に期待してた


ほんとは恋とかって 少しも気付かない

ふざけては いつのまにか 隣で笑ってた


カナシミのイロした 君の目が 今

輝いてゆくのを ただ僕は見ていた


退屈な言葉と 逸れてゆく話に

不器用な 幸せさえ いつか感じていた


冗談で頬に触れて 季節は変わってく

本気の声を聞いて 季節は止まるよ


誰よりも 君だけ 大切に思う

確かめた 気持ちは あの空に 預けた


この街で 流れる 僕たちの意味

プライドの痛みが こんなにも 愛しい


カナシミのイロした 君の目が 今

輝いてゆくのを ただ僕は見ていた

ただ君を見ていた…

提供: うたまっぷ