歌詞

常世へ続く川

角松敏生

作詞
TOSHIKI KADOMATSU
作曲
TOSHIKI KADOMATSU

淀みなく流れてゆく川のように

日々は過ぎてゆくものだと思いながら

流れる水面をずっとずっと見つめていた

すると風は突然小さな波を起こす

些細なことが変えてゆく

あの風はどこから吹いてくるの

今もわからない


木洩れ日を浴びて光るこの川のように

何が起ころうとただ流れることだけはやめないで

毎日起こる出来事そのまま受け止めて

生きて行けるならきっとそれがいいのか

大きな目に見えない流れ

僕達はただその中にいる

見えない眼差し


この川の行方は何処にある

僕達もいつか海に出るだろう

さあ今すぐ出かけようか

涙で濡れた君の顔も

大声で笑う君の顔も

みんな素敵だよ

提供: うたまっぷ