歌詞

揺れる球体

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

白濁していく空気感の中 靴鳴らし進む少年の歌が

響き渡る楕円形の球体 生命が宿り絶えゆく球体


イメージの中に吸い込まれるように

スパイシーな光は今日も鮮やかで

ただ一瞬の陰りすら許さず たった一生を悲しく焼きつける


色褪せる皮膚感覚の中 シナプスまでも濁りだしてる

とくとくと溢れ出す感情すらガスの風にただ曝されてる


ひっそりと続いてく ひっそり続いてく 日々それを許してく


青く澄んだ空も見れずに


揺れている 触れている 重ねる事はできぬから

遠くなる 流れてく 止めるには遅すぎるようだ


青く澄み過ぎてる空


少し時間を止めてはくれないか そう呟く君の曖昧さは

ネジの緩むレコーダーみたいに頼り無く断片をくり返す


同じ顔をしている 同じ顔をしている 同じ顔をしている


増えてゆく 震えてる 今は変わらぬようにと願う


青く澄んだ空も見れずに


揺れている 触れている 重ねる事はできぬから

遠くなる 流れてく 今は変わらぬようにと願う


美しくあれと願う 日々、強く抱く

提供: うたまっぷ