歌詞

香路

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

溺れそうな加速していく夜 風一つ 無表情な浅い海

限り無いノルドの音色 目をつむる音に負ける

心、溶ける 心、溶ける


通り過ぎる衝動と募るノスタルジア

物憂げに染まる波音の様に

遠く流れゆく程 何か隠れた

罪と知って今、太陽を求めるのか?


救えない 無情の月色 華やかに水面のスクリーン


白と、土と、羽と、喉と、花と、悲壮と、

水と成る

提供: うたまっぷ