歌詞

赤橙

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト

フワフワの音が眠ってる そこはかとなく日々は続き

左利きの犬がまさに 片足引きずり笑ってる


太陽と空の間 静かに開いた世界に

憧れてしまったんだろうか


赤い煉瓦をそっと積み上げて

遠き日の魔法をかけてみる

丸い地球の裏側なら これで行ける

そして少年は一握りの

オレンジ色の砂を蒔いた

黄金色に輝く音を いつか奏でよう


ある朝の記憶も僅か

懐かしきワルツも遥か

カラカラと音が流れてる 無邪気に笑う人の影と

無情に唄う木々の合図 またとない色を手に入れる


太陽と空を抱いた 世界にほんの少しの

明かりを灯せるだろうか


赤い煉瓦をそっと積み上げて

もう一度魔法をかけてみる

幼さ故の過ちなど これで消える

そして少年は一握りの

オレンジ色の砂を蒔いた

黄金色光る夕暮れに 音を重ねよう

提供: うたまっぷ