歌詞

アレグロ

ACIDMAN

作詞
オオキノブオ
作曲
ACIDMAN

最初に気付いたのは ある坂の上だった

薄く靄がかった 街の息が止まり


無情に流れる 流れは妙に早く

真ん中でひどく 震えて腕を切る


ぼんやりと眼がくらみ ぼんやり笑みを浮かべる 霞みゆく空


その手に掴んでる淡く弱く揺れる音

誰もが一つだけ強く強く守るもの


染まりそよぐ空の中 アレグロの鐘は響く

風は音となり弾け 水は気を仰ぎ揺らぐ


その音は輝いて 形など切り裂いて

いつか先を照らすように 力強く照らすように


静かに流れるあなたの祈りは、最初からつまり気付いていたんだ


錆出すこの音 未だ止まぬレクイエム

震えてる暇など 無いくらい判るだろう


立ち止まると勝てぬだろう 勝ち誇ると果てるだろう

アレグロの鐘は響く 強く強く鳴り響く


沸き上がる力を今、アレグロの鐘が照らして

提供: うたまっぷ