歌詞

翡翠

一青窈

作詞
一青窈
作曲
武部聡志

梅雨入りの陽、が

こんな短いものと思わなかった。

あなた、の腕の

五分進んだ時計にも慣れてた。


カンカン帽に隠れるようにそっと二つ重なる。

待ち焦がれてた意地悪な甘さ、を

もう一つねだった。


そのうちより今のうち

この気持ちも今のうち

淡く、あわく、翡翠のよう

いつかじゃなく今がいい


あなたがくれた確かな言葉

宝石よりも重く。

永遠、だけは見えないものだから

無いのかもしれない。


何を疑わず何を信じきれずにいるのか

この流れぬ悩み、からは

一度さえも出られず。


しとしと降る雨が 少しだけやむまでを待って

振り向くのを期待して もう一つをねだった


私たちは今のうち

この気持ちも今のうち

儚い、はかない、翡翠のよう

いつかじゃなく今がいい


そのうちより今のうち

この気持ちも今のうち

淡く、あわく、翡翠のよう

いつかじゃなく今がいい

提供: うたまっぷ