歌詞

あんなに一緒だったのに

See-Saw

作詞
石川千亜紀
作曲
梶浦由記

あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色


ありふれた優しさは君を遠ざけるだけ

冷たく切り捨てた心は彷徨うばかり

そんな格好悪さが生きるということなら

寒空の下 目を閉じていよう


あんなに一緒だったのに

言葉ひとつ通らない 加速していく背中に今は

あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色

せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを


運命とうまく付き合って行くならきっと

悲しいとか寂しいなんて言ってられない

何度もつながった言葉を無力にしても

退屈な夜を潰したいんだね


あんなに一緒だったのに

ふぞろいな二人に今 たどりつける場所など無いんだ

あんなに一緒だったのに 初めて会う横顔に

不思議なくらいに魅せられてる 戸惑うくらいに


心はどこにいる? どこに吹かれている? その瞳が迷わぬように


あんなに一緒だったのに

言葉ひとつ通らない 動き始めた君の情熱

あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色

せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを

提供: うたまっぷ