歌詞

秋風

SUPER EGG MACHINE

作詞
藤井万利子
作曲
藤井万利子

此処にはもう来ないと分かってても

気付けばずっと影を探してた

対向車線、木漏れ日が射すベンチ、

春風吹く桜並木の下


空と太陽を近くに感じた夏

此の場所にきっと…なんて思ってた

人気の途絶えた風景が寂し気に語っている

恋しさ 揺り動かされるように 街へと足を向けた


音も無く通り過ぎる人込みの中

君の姿を求め彷徨う

何時になれば、何時迄待てばいいんだろう?

季節は足早に変わるのに


柔らかな光、遠い甘い香り漂う

その手に触れたい 今すれ違った人!?

幻想? また夢の中


秋風はこんなに冷たく頬を刺す

嘲笑うかの様に感じてしまう

何時になれば、あの声を聞けるんだろう?

凍るような冬が来るよ


音も無く通り過ぎる人込みの中

ずっと動けずにいる私は

何時になれば此処から去って君を

忘れてしまえるのだろう?

提供: うたまっぷ