歌詞

くり返すは口ぐせと罪悪感

岩瀬敬吾

作詞
岩瀬敬吾
作曲
岩瀬敬吾

認めまいとする本意と真裏の何も無いストーリー

それはなんだか小さいタブレット

手をのばす事は無いようにした


それとなく会えそうなので目をそらす事で促した

エンドロールまでも追いかける

いつになく腰も重たそうに


椅子の色には今のシャツとつながってる様にと

いてもいないと いなくていいと

言われたもとになってる


旨い Tomorrow 現に今でも灰のどこかにあって

鳴ってる くらすごとにまいてく

ゴミの様な大人自体をまいてゆく


くり返すは口ぐせと罪悪感 その場じゃ毅然と耳痛んで


旨い Tomorrow 現実にひかれど灰のどこかにあって

鳴ってる くらす事にまいってく

ゴミの様な大人時代を


旨い Tomorrow 現に今でも灰のどこかにあって

鳴ってる くらすごとにまいてく

ゴミの様な大人自体をまいてく


くらすことにくだって

逃げることにくだって

提供: うたまっぷ