歌詞

僕じゃなきゃ

真行寺恵里

作詞
戸沢暢美
作曲
ハマモトヒロユキ

携帯が鳴ると 気もそぞろだね

ムカついたままで 帰りたくない


川べりの道で 車を降りて

夜の水面へと 石投げをしよう


見せかけの愛とひきかえに サヨナラを言おうとしている

見慣れたシャツが ヒラヒラ 風を抱く


僕じゃなきゃ 君は君じゃないと 気づかない まなざしがダサイよ

僕じゃなきゃ 宝物のすべて

いつの日か ガラクタになる

さびた道具は夢を助けない


いつも少しだけ ウソつくクセを

あの日 お互いに 見やぶったんだ


そばにいたいよと 泣きじゃくったら

君のとまどいに たぶんイラつくのさ


男みたいなとこが好きって 奥までとどくキスをした

春雨の海 二人で風邪ひいた


僕じゃなきゃ 君はダメになると

信じてる 悲しみがウザイよ

僕じゃなきゃ 良くない何かから

どうやっても 守れないだろう

お願いだよ ねえ変わらないで


強がりをつつけば 眼に見えない血がにじむ

だけど へっちゃらさ きらきら生きて 忘れちゃうんだ


僕じゃなきゃ 君は君じゃないと

気づかない まなざしがダサイよ

僕じゃなきゃ 宝物のすべて

いつの日か ガラクタになる

さびた道具は夢を助けない


僕じゃなきゃ 君はダメになると

信じてる 悲しみがウザイよ

僕じゃなきゃ 良くない何かから

どうやっても 守れないだろう

お願いだよ ねえ変わらないで

提供: うたまっぷ