歌詞

太陽の扉

KinKi Kids

作詞
浅田信一
作曲
谷本新

とまらない想いを持て余したままで

吐き出すことすら難しくて

気持ちが先走った身体を

夜風にそっとあずけた


夏の雲も冬の木枯らしも

未知の場所へ僕らを連れてく

加速度増し通り過ぎる日々に

信じるものを無くさないように


この道を僕らそれぞれに

荷物抱え進んでゆく

太陽の扉 手をかけ歩く姿

旅人達のようだね


あの頃僕らが夢に見たものの

続きを今も君に話せるよ

夜通し語り合った言葉は

変わらず心で揺れてるよ


月の明かり空を貫いて

隔たりなく世界中を包め

僕らの身にやがて降る未来に

息づくものを強く照らして


ぬくもりを探し求めて

進む道は続いてゆく

アスファルト 足を踏み出し歩くことを

ためらわないでいたいから


この道を僕らそれぞれに

荷物抱え進んでゆく

太陽の扉 手をかけ歩く姿

旅人達のようだね

提供: うたまっぷ