歌詞

刺身と山葵

SEX MACHINEGUNS

作詞
Anchang
作曲
Anchang

寿司食べる日本人 美味しそうだね。

高いトロを頼む人、ちょっとかっこいいね。

僕もたべる。握り寿司、コンビニのだけど、、

何がこんなにも違うのかな。

夢を見るのは、他人じゃない。誰かの為でもない。

自分自身はここにある。裸足で構わない。

さしみ、わさび、さしみ、わさび

時代の隙間に僕は居る。サビが効いているよ、

夕暮れの空


お洒落なんかたまにして、何処へ行くの?

ジャージ姿に眼鏡した、普段の君なのに。

結婚式の二次会、出かけて行った。

かなり似合わないね、本当のところ

君はいいやつなんかじゃないけど、悪いやつでもない

嘘をついても判るから、笑っていられた。

さしみ、わさび、さしみ、わさび、時代の隙間に君は居る。

酢飯の中で、抱きしめあう?

さしみ、わさび、さしみ、わさび

時代の隙間に僕が居る。

サビが効いているよ、

目頭にああ…


何故か君は、いつもと違う大人の横顔で、

時計の秒針が、回り始めた

君は僕より少し早く、気づいていたんだね、

どんな寿司でも、山葵が

必要な事を…


さしみ、わさび、さしみ、わさび

時代の隙間に僕は居る。

はみ出さないで、君と。

さしみ、わさび、さしみ、わさび

刺身の側に、山葵がある

君の側には、この僕がいる

提供: うたまっぷ