歌詞

どん底のブルース

桑田佳祐

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

僕は学校で泣かされた

寄ってたかってシカトされ

先生の前でもイジメを受けていた

よくある話と他人は言う

事実と違うと笑われる

弱き立場の叫びが聴こえるか?


嗚呼 ひとりぼっちの路地裏で

涙を拭きながら

生きてこれたのは

夕焼け空があったから


嗚呼 人間なんて嫌だ

歌おうどん底のブルース

嗚呼 人生なんてショーだ

君に語ろう


もう人間なんて嫌だ

踊ろう暗黒のステージ

あてなどなく今日も行く


いつもドンパチやる前に

聖書に手を置く大統領がいる

神の名におき正義に酔いしれて

隣のあの娘が輪姦されて

綺麗なサンゴが汚れても

戦争に赴く基地は安保られる


嗚呼 みんな見て見ぬフリをして

本当は知っている

この平和の裏に

愚かな過去があったのを


嗚呼 人間なんて嫌だ

歌おうどん底のブルース

嗚呼 人生なんてショーだ

誰に捧ごう


もう人間なんて嫌だ

笑おう奈落の底で

愚痴肴に今日も飲もう


街の裏手にゃ汚泥の河川

ビルの谷間にゃゴミの山

"都会のオアシス"の外は"灼熱の島"

どうせ死ぬのさこの俺も

現在が良ければそれでいい

他人や地球がどうなろうと構わない


嗚呼 コンクリートで塞がれた

故郷も泣いている

鋼鉄の斧を持って

政治家が森林をブッタ斬っている


嗚呼 人間なんて嫌だ

歌おうどん底のブルース

嗚呼人生なんてショーだ

君に語ろう


もう人間なんて嫌だ

踊ろう暗黒のステージ

それでも陽は今日も昇る

提供: うたまっぷ