歌詞

バスルームから撃ち落とせ

一十三十一

作詞
一十三十一
作曲
一十三十一

ぬるいシャワー 出したままだ

シュールな想像を ちらちらり

ぽんやりと腕をなでては

くらくら眩暈のモーツァルト


たどって来てよ バスタブの情事

甘い記憶とワルツ ワルツ


たっぶり のぼせていいですか?

うっとり 余韻よ しゃべり出せ


照らしていてよ 浮かぶ満ちる月よ

夜が明けてしまわないように

君と闇とを 網渡りする

セツナイくらい 続く


絡みつく タベのメロディー

からくれない色の ロマンスさ

バスルームから撃ち落とせ

君は今夜も来るハズさ


照らしていてよ 浮かぶ満ちる月よ

夜が明けてしまわないように

君と闇とを 綱渡りする

セツナイくらい…


たどって来てよ バスタブの情事

目隠ししてワルツ ワルツ

待ちくたびれちゃ 忘れてしまうよ


愛してるって 言って

提供: うたまっぷ