歌詞

Parallel Lines

SING LIKE TALKING

作詞
C. Fujita
作曲
T. Nishimura

ときには

ぎゅっと手をつないで歩こう

ふたりの足跡は平行線だから

漆黒の夜に溺れそうな影

自分ん家が解らなくなった

迷い犬のようなボクら

決して

只の哀しみになるべき恋じゃない

史上で一番にすばらしい日々は

たとえ死んでも輝くのさ

過去の気紛れじゃないはずさ


ひとつの嘘が別な嘘をついた

泡が弾けるように

何かが終わった

倖せ過ぎた代償だったのか

未だ気を取り直せない

臆病風吹かれたボクら

決して

一度の疑いに沈めていい恋じゃない

産まれて来た意味を感じていた

元に戻すための方法に

すべて投げ出そう

いつまでもこだわるすれ違いなんかは無い

生きていることを近付けて行こう

二つの道はやがては重なり太くなり

空へ届くよ


いつまでもこだわるすれ違いなんかは無い

生きていることを近付けて行こう

二つの道はいつの日か光線になって

空へ届くよ

提供: うたまっぷ