歌詞

A Crown

SING LIKE TALKING

作詞
C. Fujita
作曲
Chikuzen

孤独を消してしまおうとして

誰でも構わない夜明け

心がズレた音が sound

まやかしの oasis は

束の間さ


いま

満たされても 飢えているままでも

おんなじ空っぽを

太陽でいっぱいにできたら

そんな想いを

愛と呼べるんだ


ここに存るのは自分だと

認めてくれって叫んだけど

そばで笑い合う人が around

いなくなる stage では

踊れない


いつか

報われるのも 追いやられるのも

変わらない場所

花が咲き乱れるような

そんな景色も

愛の部品なんだ


もし

目が回るほど もがいた日々も

どこかで

実を結び始めたら きみは

名も無いことが

誇らしいはずさ


それぞれの中のそれぞれの魂に

そっと託されているものが

星座の冠を被っているんだと

どんなに小さくっても


いま

報われるもの

提供: うたまっぷ