歌詞

朝未き・夜渡り

林原めぐみ

作詞
MEGUMI
作曲
たかはしごう

朝の雫の先で

しらじらと

うすぐもが消えてく

深い深い夜が

今別れを告げる


かかえ込んだ涙がゆっくりと

天へと返ってく

新しい鼓動が静かに息付く


君に出会う度に

君を想う度に

ゆれる水面のように

音もなく波うって

清らかに澄んでゆく


遠く丘を越え

風を呼び

今ここで目覚めよう

君に伝えたい

大好きだよと

声にならなくても

波にただよって

さ迷って

辿りつく愛しさ

今日に生まれよう

朝日を浴びて

今 霧が 晴れる


夕闇がつれてくる

朱色に

心が染まってく


淋しさと不安が

隙間に忍び込む


きっと人はいつも

きっとくり返して

ゆれる切ない日々

優しさとぬくもりを

求めては焦がれてる


遠いふるさとの

月の元

さあ眠りにつこう


君に伝えたい

大丈夫だよと

少し無理はしても

夢よりも深い

深い場所

魂が返る場所

つながっている

感じているよ

この 霧の 向こう

提供: うたまっぷ