歌詞

これはただの例え話じゃない

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

ただ彼は何となくイライラしてて

ガラスのコップを割ってしまった

飛び散ったかけらで彼は指を切り

思いがけず真っ赤な血を流した

ガラスのコップは彼の渇きを

癒す事さえ出来ずに割れた

それどころか鋭い破片で

彼を傷つけることになった


全てのものが持つ意味を

誰も変える事は出来ないと

彼は知っているはずなのに

何の役にも立たない悲しみが

ただ床に散らかってた


This is not a meterphor talk.

これはただの例え話じゃない

自分が思いも寄らないような

行動をとってしまう僕ら人間の話


ただ彼女は何となく目の前にいた

ひどく汚れている子供を見て

そんなにあなたは私を困らせたいのと

思いがけず激しい口調で言った

悲しそうな顔が後ろを向いて

駆け出したその手から落ちたのは

何枚も何枚も書き直してやっと

出来た彼女の似顔絵だった


全てのものをおいても

受け止めるべきものは何かを

彼女は知っているはずなのに

取り返しの付かない悲しみが

ただ床に落ちていた


This is not a meterphor talk.

これはただの例え話じゃない

自分が思いも寄らないような

行動をとってしまう僕ら人間の話


大切な人を傷つけたいと

思うわけなどないと誰もが言う

傷つけたくないとただ思うだけでは

守れないという事を思い知るその時までは


This is not a meterphor talk.

これはただの例え話じゃない

自分が思いも寄らないような

行動をとってしまう僕ら人間の話


(Inside us all

lies the power to destroy things,

near and dear to us)

提供: うたまっぷ