歌詞

花園キネマ

PENICILLIN

作詞
HAKUEI
作曲
PENICILLIN

或る日僕は夢を見ました 深く深くどこまでも

嗚呼 声が肌が涙が 人の夢の儚さよ


失った温もりが こんなに溢れてる

ひび割れたバラ色が 砕け散る


会いたいのは何故 忘れたいのに何故

空回るキネマと 知りながら

カナリアの丘で 花咲ける歌に

風が泣いている さよならを道連れに


青い春と夢の続きは 遠く遠くどこへ逝く

嗚呼 空を見上げてみたら 鳥や雲や想い出が


さまよって さまよって いつか風になろう

あの夜も優しさも 灰になれ


そして舞い上がれ 僕のいない空へ

空回るキネマも 灰になれ

カナリアの丘で 花咲ける歌に

愛が泣いている さよならを道連れに


失った温もりが こんなに溢れてる

ひび割れたバラ色が 砕け散る

さまよって さまよって いつか風になろう

あの夜も優しさも 灰になれ


まだ夢の途中 夢の夢の中

はがされた心よ 永遠に

本気のセリフは 最後の嘘だけ

だから恋人よ さよなら


時に流されて また夢に出会う

モノクロのキネマを 抱いたまま

カナリアの丘は もう見えないけど

今も信じてる 聞こえている

会いたいのは何故 忘れたいのに何故

聞こえている

カナリアの丘は もう見えないけど

儚さを道連れに

提供: うたまっぷ