歌詞

スピード

ラブハンドルズ

作詞
溝下創
作曲
溝下創

Ah 明日からこの気持ち どこへやろうか

どう考えても仕舞い様が無い 寝る場所もままならない


終わりの無い 映画なんて見た事ないし

フェードアウトすんのが遅すぎて 途中で途切れてしまう そんな恋の現状


少しずつ互いに観察し合う事がうまくなって来るのは よくあることでも

本当は 直感と漠然とした感情に任せて 笑って泣いて怒って嫉妬して 抱き合うのが自然だ


最後の朝に君がこぼした 吐息が僕のスピードを変えて すぐに消えてく

追いかけるほど遠くもなくて 抱きよせるほど近くもないから

スピードだけ加速して行く そんな恋の現状


Ah 6月は絶え間なく 雨が続いて

君を思うには十分すぎて 記憶に押し潰されて 雨は止まらない状態


取り敢えずそのうちなんとかなると思って しばらくは電話かけないようにして 朝を待った

気が付けばそうゆう努力をしている自分が なんだかニセモノに見えてしまって どうにもならなかった


見上げた空は雲に隠れているから かきわける様に手さぐりの様に 君を探してる


最後の朝にきみがこぼした 吐息が僕のスピードを変えて すぐに消えてく

追いかけるほど遠くもなくて 抱きよせるほど近くもないから

スピードだけ加速して行く そんな恋の現状


僕はまた前進

提供: うたまっぷ