歌詞

傘としずく

MEG

作詞
meg
作曲
meg

きえてしまう、きえてしまう。

静かに外を、雨がやむのを みてた。

傘ごしの空は さっきまで

触れてたはずの灰色のかけら。


ここにあったもの、たしかに。

あなたのそばで あたしはみていた。

ねぇ神様、雨が泣きやむなら

あふれる涙も 消してちょうだい。


必ず手にいれたいものに 間違いはないのに

どうしてあんな言い方をしたんだろう。

2 人であるく 水たまりの道路は

とてもこわれやすくて

しずくが、音をたててはじけた。


この道がずっと 終わらなかったらいい。

声になりきれないことが

体のなかに あふれているわ。

この一歩も さよならの時間に近づくものなら

一度きりのお願いをきいて!


とまらない涙は、

あなたが残した 恋のかたちに光った。

提供: うたまっぷ