歌詞

木星

aiko

作詞
aiko
作曲
aiko

あなたに気持ちを伝える為に

全て伝わらない歯がゆさに

あたしはあなたの前で

沢山泣いて沢山笑うわ


2人の時間は宇宙の中で言うチリの様なものかもしれない

時折見せるずるい仕草も ワンシーンの1秒かもしれない

じゃあね木星に着いたらまた2人を始めよう


落ち葉が足元を埋めて

綺麗だけど邪魔で嫌いで

下を向いてしたたる汗は

忘れてはならない暑い思い溶かす


あなたは優しい人だからあたしは手も足も絆も委ねよう

始まりも終わりも朝も暗闇も必ず2人で迎えよう

だから話して そしてくたびれてもう一度眠ろう


届けられるもの全てを両手に抱え

あたし空から飛んできたのよ


2人の時間は宇宙の中で言うチリの様なものかもしれない

時折見せるずるい仕草も ワンシーンの1秒かもしれない

じゃあね木星に着いたらまた2人を始めよう

提供: うたまっぷ