歌詞

北風と太陽

YeLLOW Generation

作詞
おちまさと
作曲
渡辺未来

あの夏 僕は彷徨える旅人

取り囲むのは 夏なのに北風

登る階段が消えかかった時

心のコートを剥き取ってくれたのは

君の灼熱の太陽だったんだ


自分だけを信じていた あの頃

生意気だけがidentity

だけど

ヒタヒタと迫り来る現実と対峙したら

ジメジメと夢に蓋をしようとしていた


憚らず苦悩 露知らず不能

僕のエゴ 神の御加護を


あの夏 僕は彷徨える旅人

取り囲むのは 夏なのに北風

登る階段が消えかかった時

心のコートを剥き取ってくれたのは

君の灼熱の太陽だったんだ


自分だけを守っていた あの日々

溜息だけで哀願、危機…

だけど

キリキリと突き刺さる朝焼けを凝視できず

ユラユラとすぐ瞼 閉じようとしていた


舌足らず苦情 恥知らず不動

僕の溝 神のみぞ知る


あの夏 僕は身勝手な旅人

すり抜けるのは 夏なのに北風

渇く汗さえも舐め始めた時

最後のロープを引き上げてくれたのは

君の唇と太陽だったんだ


ああ 無情…

おかまいなしに陽はまた昇る

時に残酷な太陽

だけどそれには意味があったんだね…


あの夏 僕は彷徨える旅人

取り囲むのは 夏なのに北風

登る階段が消えかかった時

心のコートを剥き取ってくれたのは

君の…君の…太陽だったんだ


さあ 旅を続けよう

あの夏と君がくれた道標

僕は変わったんだ 変われたんだ

伝えたい

今は何処にいるのか

太陽の君 僕の北風へ

提供: うたまっぷ