歌詞

amanogawa

佐藤竹善

作詞
SKOOP
作曲
SKOOP

防波堤でねそべったら

夜空に落ちそうになった

つないだ手をポケットで

思わずギュッと握りしめた


来年の今頃には

僕らはどうしているだろう

流れ星をまたひとつ

見つけても かなわない


願いは… 星屑になりあの川に

流れてゆく 流されてゆく 永遠に


七月の夜空に 君は吸い込まれる

まばたきもしないで 遠くを見つめたまま

もう二度とあえないなら いっそ自由なのかな

どうしょうもない でも 僕は君を待つでしょう


ジュウタイの道路を避けて

地図でぬけみちを探して

迷路の街じゃ二人は

こんなにも色褪せてゆくね


それそれの場所に戻り

苦手な生活にうもれる

寝過ごした夕焼けが

ただやけに せつなくて


僕から… 電話をしない約束を

守られずに 守れるはずもないくせに


もう一度だけでいい もっと自由なはずさ

僕たちは誰かの心をキズつけても

どうしょうもないよね どうしょうもないんだよね

のみこんだ言葉は 溜め息にもならない


僕らは星屑になり あの川に

流れてゆく 流されてゆく 永遠に


七月の夜空に 君は吸い込まれる

カラダだけ残して 遠くを見つめたまま

どうしょうもないほど 僕は君が好きで

どうしょうもないのに 僕は君を待つでしょう

提供: うたまっぷ