歌詞

いいわけ

okui/masami

作詞
okui/masami
作曲
okui/masami

あの日この場所で 出遭った瞬間

そっとなつかしい風に包まれていた


あたりまえに笑う二人の距離は

苦しいけど動き出す心 止められない


彼女が待っている駅に向かった

後姿はいつしか 人ごみにまぎれて消えてゆく

いつまでも手を振った私の姿さえ振り返らず


どんな嘘つきになってしまっても

精一杯の笑顔をあなたに捧げたい


あなたが大好きな この歌を聴く

一人で口ずさんだ夕暮れ 見上げた空


消えそうに輝く星に向かって 願いを込めた心は

誰かの悲しみと引き換えに幸せになるのを望んでいる

なんて自分勝手


Never I can love you ...

本当は知っている あなたはいつも大好きな人見つめて

偶然に触れた私の手をそっと振りきった それがやさしさだと

臆病な私は まっすぐな瞳で受け止めること出来ずに

何度もいいわけを探してる

ふいに舞い上がった あの時とおんなじ香りがする風に

包まれて今日も

提供: うたまっぷ