歌詞

たった、ひとつの

下川みくに

作詞
浅田直
作曲
浅田直

退屈だった 臆病だった

誰かを 自分を 傷つけていた

つよがり言って わがまま言って

どうしょうもないキモチ守りつづけて


オトナになって キミと出会って

ムネのすみっこやわらかくなって

せつなくなった 抱きしめ合った

はっきり 守るべきものを 見つけた


たった ひとつの 勇気が

たった ひとつの コトバが

ふたり 終わらない 夢へとはこぶ

ほんの 小さな やさしさが

ほんの わずかな ささやきが

ふたりを そっと つつんでくれる

ずっと このまま 朝がくるまで


傷つけあって なぐさめあって

数えきれないほど キスを交わして

スナオになって うちあけあった

ちっぽけな夢を 語り明かした


ふたりならんで 写真をとって

夜空に大きな 花火があがる

永遠ってやつが どんなもんなのか

らしくもなく 考えはじめてた


たった ひとつの あやまちが

たった ひとつの コトバが

出口 わからない 闇へとはこぶ

買った ばかりの バイクで

たった ひとりの 国道を

まっすぐひたすら 走りつづけてく

ずっと このまま 朝がくるまで


たった ひとつの 勇気が

たった ひとつの コトバが

ふたり 終わらない 夢へとはこぶ

ほんの 小さな やさしさが

ほんの わずかな ささやきが

ふたりを そっと つつんでくれる

ずっと このまま 朝がくるまで


たった ひとつの 勇気が

たった ひとつの コトバが

ふたり 終わらない 夢へとはこぶ

ほんの 小さな やさしさが

ほんの わずかな ささやきが

ふたりを そっと つつんでくれる

ずっと このまま 朝がくるまで


ずっと このまま 朝がくるまで…

提供: うたまっぷ