歌詞

LAST SUMMER

Skoop On Somebody

作詞
KIYOSHI MATSUO
作曲
S.O.S.

どっちつかずの風が 君の髪を撫でては絡めてる

僕はほどきもせずに まるで映画楽しむ気分さ


降り出した雨が 甘く目にしみる

これが夢ならば覚めなくてもいい そう祈った夏の日


渚彩る傘たち 役目終えて街へと帰る頃

僕は出遅れ ひとりずっと波と戯れつづけた


水着の痕たどる君の指が そこだけ濡れている

僕は気づかぬふりを 今日もうまく演じられたな


夜の帳下りて 恋人たちは

初めて両目を開きはじめる 闇に慣れていく季節


真夏に咲いた花たち 海を渡る蝶たち 天使たち

できることなら 僕はもっとそこにとどまりたかった


陸に戻らぬ僕を 君は 今ごろ…

焼けた肌の記憶を 君は どこで…


渚彩る傘たち 役目終えて街へと帰る頃

僕は出遅れ ひとりずっと波と戯れつづけた


真夏に咲いた花たち 海を渡る蝶たち 天使たち

できることなら 僕ももっとそこにとどまりたかった

提供: うたまっぷ