歌詞

A・SA・YA・KE

V6

作詞
小幡英之
作曲
近藤昭雄

朝焼けを待つ空に道を描いて

僕らを映す明日を見に行こうか

ゆっくりと 飛び立とう


夢とリアルの間

どうにか折り合いつけては 過ごし

僕らは傷つけ合い

時には笑顔さえも 日々の流れに 溺れそうだけど


背筋伸ばした君が 地平の先に見る場所は

僕の前 延びるレールと 重なってるはず きっと


風が 撫でるように涙のあと消したら

新しい朝が君の頬を染めた

そっと強く握り返した手に溢れる

生まれ変わる 魂よ take us to a higher place


闇雲に欲しがった

形のあるシアワセなど 捨てる

繰り返しの中にも

歓びを見つけ出す 術なら君が 教えてくれたね


二人で夢を紡ぎ そう一歩ずつ来たんだけど

もう一つ 次の未来が てまねいてるんだ いつも


時間が まだ未熟で腑甲斐の無い自分を

君の事すべて包めるほど鍛え

いつか 荒れる海もかるく越えていけるさ

願い空へ 解き放つよ


風が 撫でるように涙のあと消したら

あの道をたどり明日を見に行こう

さあ 強く握り返した手はこのまま 離さないで

二人から 続く空 君となら flyin' high

提供: うたまっぷ