歌詞

ヒグラシ

THE PAN

作詞
荻原剛
作曲
荻原剛

永遠にこのまま あきらめていいのか

飛べない空を 眺めてるだけなのか


届きそうになって 両手差しのべた

17の夏 輝いていた時に


つまづいた夜に あきらめた夢と

生きる事のせつなさに 胸が震えた


悔しさに 負けて 傷付いて 痛みこらえきれず

なにもかも 捨ててみたくなるけど

それでも僕らは 哀しみ色のあの空をいつか

飛び越えて 走り続けよう


夏の夕暮れに 一人彷徨う道

風に吹かれて 雨に打たれて 泣いた


空からこぼれる 光の滴が

この手をすり抜けて 漏れ出さぬように


悔しさに 負けて 傷付いて 痛みこらえきれず

なにもかも 捨ててみたくなるけど

それでも僕らは 哀しみ色のあの空をいつか

飛び越えて 走り続けよう


悔しくて 泣いて 傷ついて 迷い悩みすぐに

なにもかも 捨ててしまおうとするけれど


それでも僕らは 哀しみ色のあの空をいつか

飛び越えて 限りある人生の果てまで

ただひたすらに 走り続けよう

提供: うたまっぷ