歌詞

黒い実

森広隆

作詞
Hirotaka Mori
作曲
Hirotaka Mori

暗がりに息を潜め

花は不規則な鋭い光を放つ


死せる大地にこの血を与え

生命を保つ日々は続いた


鈍色に絡まる 根を深く這わせて

吸い上げた悪意は 黒い実になり膨らみ始めた


満たすだけの雨が幹を濡らす

陽の当たる高みへと枝は伸びる


甘い香りはこの血に混じり

身を焦がす炎に変わった


鈍色に煌めく 棄を高く広げて

集まった記憶を 黒い実が今 弾けて放った


鈍色に絡まる 根を深く這わせて

光の射す世界を まるで塗り潰すように

黒い実は今 増え始めた

提供: うたまっぷ