歌詞

星の降る丘

野川さくら

作詞
Sakura Nogawa
作曲
Hironobu Kageyama

サラ サラ サラ こぼれて落ちた…

小さな夢 始めての恋


言えなかった ほんとの気持ち

袖口を硬く掴んで 涙こらえてた


私には この街の季節が見えない

人ごみを背伸びして歩けないの

もう これ以上


私らしく居られる場所で 折れた翼癒すの

遠い国の 星の光が きっと元気をくれる


夢ひとひら 浮かんで消える

優しい声 はにかんだ笑顔


愛していた… 永遠だった…

思い出の糸をたどれば 涙とめどなく…


悲しみも 切なさも 強さに変えたい

いつだって 私は私らしく もう 迷わない


夏の星座 指で数えて 明日の天気占なう

きっと きっと 明日は晴れる 君が住むあの街も


暗い夜も ひとりの朝も すべて 受けとめられる

そして いつか 愛する意味を この胸に刻むから…


巡る星に 願いをかける 君が 迷わぬように

遠い国で祈っているわ 星の降るこの丘で

提供: うたまっぷ