歌詞

BROTHEL CREEPERS

GLAY

作詞
HISASHI/TAKURO
作曲
TAKURO

爛れた煩悩が 崇られた range で

メフィストフェレス気取り 家畜共に呪文唱える

「汝、主を敬い 危機に四肢をも生贄に 飢餓に魂を捧ぐ」

俺には確かにそう聞こえたんだ


だからただそばにあるネックを両手で握りしめ

そのアルミの醒めた冷気を不確かに感じ取る


決行を誓う 半月のシグナル

単気筒の悲鳴 自我の何か証明される夜


だからただそばにあるネックを両手で握りしめ

そのアルミの醒めた冷気を不確かに感じ取る

だからただそばにあるネックを両手で握りしめ

そのアルミの塊を半月メガケ振り上げた


俺達はつまり言葉も無い かよわき大人の代表者だ

君達はつまり理由も無い 終わりなき日常の王様だ


広がる深紅の深海 放たれた魚の本能

息の詰まる紅海を半月の夜が照らす

だからただそばにあるネックを両手で握りしめ

そのアルミの醒めた冷気を不確かに感じ取る


俺達はつまり言葉も無い かよわき大人の代表者だ

君達はつまり理由も無い 終わりなき日常の王様だ

提供: うたまっぷ