歌詞

心神雷火

元ちとせ

作詞
HUSSY_R
作曲
間宮工

にわかに熱を帯びながら

雲が渦を巻く

生きるものように

こころにやがて滑りこむ

もうじき ほら 雨が降る頃


別れたひとを探す

行くあてない嘆きも

引き潮に帰る

せめて悲しみも

はじまりだと感じて


ふたつに空を分かち

身体を雷鳴が駆けぬけてゆく

わたしの中の野性

確かに目覚める

旅立ちの時


素足に丸く触れる

サンゴや貝の化石

彼等は伝える

たとえ遠くても

さまようこと恐れず


ざわめく波の調べ

光に包まれて歩き始める

わたしに生きる野性

大きな力に委ねて


ふたつに空を分かち

身体を雷鳴が駆けぬけてゆく

わたしの中の野性

確かに目覚める

旅立ちの時

提供: うたまっぷ