歌詞

太陽

コブクロ

作詞
小渕健太郎
作曲
小渕健太郎

あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った

遠い街から来た 君は 僕の太陽

たぶん空から 降ってきたのだ それが夢でも見ているか?だよ

他の娘たちに 失礼だけど しかし こうも違うものか?

話したいけど 話題が無くて 隣の席が 遠く感じてた

でも君のこと もっと知りたくて イタズラばかり


普通に話せるのは 夢の中でだけ‥

あぁ 胸が苦しいよ 愛とか恋とか まだ良くわかんなかったけど


あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った

ドロだらけの Tシャツ 君に 夢中だった


ついにこの日が やってきました 運命の日 今日は席替えだ

七夕様に お願いしたよ 君の隣になるように

そうはいかずに 離れ離れさ うつむく僕に 君がくれた

黄緑色の 小さな手紙 「一緒にかえろう」って


突然おそった 夕立に 逃げ込んだ木かげで

初めて 手を握った 雷が鳴る度に ぎゅっとぎゅっと握ってた


夕暮れの坂道 君の影長く映した

石ころけりながら ずっとずっと追いかけた


知らない名前の街に 行ってしまうんだね‥

昨日僕と居るときは トンボの話しかしなかったのに どうして?


あの夏を最後に 君の姿は見てないけど

これだけは言える あれが僕の初恋


誰もが胸焦がした あの初めての恋のように

誰かをまた優しく 愛せればいいな


あの夏の太陽 追いかけ裸足で 走った

遠い街から来た 君は 僕の太陽

君は もう戻らない 君は 僕の太陽

提供: うたまっぷ