歌詞

プラチナ・アストロノーツ

稲垣潤一

作詞
売野雅勇
作曲
鈴木キサブロー

海沿いのあのカーブをいくつの夏が過ぎただろう

夜明けまで砂の上でキスしていた時から

叶えられた祈りもあるし 見失った夢もある

遠ざかるクラクションに君の声が聴こえてくる

変わらないでとささやいた


僕はこの星の上でいちばん美しいものを

知らぬまま生きただろう 君を愛さなければ

天使は見たことがないけど その声なら聴いたよ

優しさが眠っている君の胸に耳あてて

終わらない夏 夢見ながら


誰も知らない君の心に秘めた宝物を

僕だけは知っているよ 誰を君が愛しても


風に揺れたプラチナ・アストロノーツ

君がしてたチャームさ

未来に恋した遠いアストロノーツ

あの頃の僕らは

どんな空へ飛んだの ここから


ありふれた日々が続く街で見上げた青空に

愛しさがあふれだして止まらない時もある

君に初めて愛してると言われた夜みたいに

ひからびた魂にも勇気という火がつくよ

あの夏の日と変わらない


時は君から少女の面影や夢消してくけど

永遠に奪えないよ虹のような気持は


風が吹くとプラチナ・アストロノーツ

君の気配がする


片割れになった遠いアストロノーツ

あの頃の僕らは

どんな空へ飛んだの ここから

色褪せないプラチナ・アストロノーツ

提供: うたまっぷ