歌詞

蒼い季節の中で

星野真里

作詞
坂元裕二
作曲
山口由子

さみしくて 嘘つきになる夜に

口笛吹いて 君を誘う huh

コンビニで 花火を全部 買おう

夏の終わりに 涙こぼれないよう


自販機の明かり 寄り添い

背中抱きしめ くちづけたね


愛に生きると言ってみたよね

蒼い季節の中で

好きになるほど 強くなれるよ

何も怖くなかった ふたり…


アパートの合い鍵 ひとつ 作ろう

ここで暮らそう 明日 来るの 待てない


本当の恋が何かは

わからないけど 信じていた


愛よ急いで 君へと届け

未来 見つかる前に

丘の向こうで 君が手を振る

そんな夢を見ていた いつか…


瞳へと残るフィルムの

どんな場面も 君がいるよ…

提供: うたまっぷ