歌詞

夏の落書き

松たか子

作詞
松たか子
作曲
来生たかお

風にそっと 揺れる水面

プールで昼寝 そんなあなたを見てた

指でちょっと ボート揺らす

気づかないで 夢を見てた


あふれる日差しだけ眩しいあの太陽だけ

輝いていた

時の波に二人流されて風吹くまま

気の向くままに


何気なく 君が書いた

落書きした 紙を捨てられなくて


カレンダーの 陰に置いた

色褪せてく その似顔絵


春も夏も秋も寒い冬の夜さえも

過ごして来たね

新しいメロディーにフッと心奪われたら

忘れちゃうかな?


あふれる日差しだけ眩しいあの太陽だけ

輝いていた

新しいメロディーにフッと心奪われたら

忘れちゃうかな?

あの夏の日は 時を止めたまま

提供: うたまっぷ