歌詞

水色の空/空色の水

坂本美雨

作詞
坂本美雨/SUGIZO
作曲
SUGIZO

眩しすぎるこの空に 歌うこと 全て無くした

あぁただ此処にいるだけで 立ち尽くす それでよかった


見つめているものはいつか薄れてしまうのだから

あぁただ此処に立ち尽くす さよなら 目を閉じた


いつかトビラを開けた向こうに

君が眠りについていますように

目覚めた時 言葉はもう消えていた


いつか君が遠くて そっと見上げる宙が 歌うよ

彩やかに色めいて 空白を染めてゆくから


君は初めて出会った 水のような鏡でした

目を逸らすことも出来ない 風景に立ちつくす


いつか君がその瞳の中に

青空を映す日が来るなら

その時まで言葉はまだ消えないよ


いつか君が1人で そっと見つめる宙が 歌うよ

その傷がいえるまで 空白を染めてゆくから


いつかトビラを開けた向こうに

君が眠りについていますように

水色の空に映された 言葉は消えてゆく


いつか君が遠くて そっと見上げる宙が 歌うよ

時が枯れないように 空白を染めてゆくよ


いつか君が1人で そっと見つめる宙が 輝く

君と出会う時まで 空白を染めてゆくから

提供: うたまっぷ