歌詞

蒲公英―たんぽぽ―

19

作詞
岡平健治
作曲
岡平健治

一人でいるとさみしいのかな みんなでいると楽しいのかな

一人でいると考えてしまう 何かやるコト他にないかな


季節来れば新らしい めまぐるしく流れてゆく

つま先立ててがんばっても少し 涙あふれでる

いつか届くだろう 空を舞うぼくたちは

風と一緒に加速してゆく


いっしょに咲こう ぼくたちは笑おう

また秋に飛んで行けるように

僕たちは空を飛ぶ花になる

青空へ少しずつ自由に

でこぼこ道やかたい道でも ゆっくり咲こう そこで花になろう


駅のホーム雑踏の中で二人聞こえない窓越しの会話

身振り手振り目の前かすんでいく顔が見えない

遠くに行くのかなぁ

発車のベルが鳴いている ゆっくりゆっくり進んでゆく

歩き出しても追いつけない 無情にも離れてく

いつか分かるだろう 目の前の事が

僕たちは心で 心で話すんだろう


一緒に泣こう 今、この場所で泣けばいい

また次に飛んで行けるように

あたたかくて 温もりがある物

手紙をあなたにおくります…


いっしょに咲こう ぼくたちは笑おう

また秋に飛んで行けるように

僕たちは空を飛ぶ花になる

青空へ少しずつ自由に

でこぼこ道やかたい道でも一緒に咲こう ここで花になろう


デコボコミチヤカタイミチデモ

イッショニサコウ ココデ蒲公英ニナロウ

提供: うたまっぷ