歌詞

DREAMING IN THE MIDNIGHT CITY

布袋寅泰

作詞
森雪之丞
作曲
TOMOYASU HOTEI

摩天楼に刺さった月が

発光する街の 微熱に歪んでる

もう何度この空を 見上げただろう

尽きぬ想いに揺れて


夢とギター壊さないように

胸に抱きかかえ 人波彷徨った

傷ついて手に入れた 孤独の翼

星降る夜は飛べる... Oh yeah


Dreaming in the midnight...

I am dreaming in the midnight city


ロード・ムービー主役はいつも

ドジで不器用な 男と決まってる

ごまかせず喧嘩して 仕事も干され

夢をかじって生きた


もし俺にも天使がいたら

無茶な生き様に あきれているだろう

でもいつか死ぬ間際 その時でいいから

俺に微笑んでおくれ... Oh yeah


Dreaming in the midnight...

I am dreaming in the midnight city


「人生には ふたつ意味がある

絶望を抱きしめる事と

その絶望に刃向かう事だ」と

風の声を 魂に刻んで


Dreaming in the midnight...

I am dreaming in the midnight...


Dreaming in the midnight...

I am dreaming in the midnight city

提供: うたまっぷ