歌詞

君と僕の6ヶ月

SMAP

作詞
三井拓
作曲
馬飼野康二

この僕にもう少しの勇気があれば違っていたの?でも 君との思い出は消えないさ

今もこの胸に…深夜のコンビニバイトを始めて必ず立ち寄る君に恋をした

ある晩おつりが切れてる振りして君をレジ前に引き留めたよねキッカケなら

平凡だったけど永遠に続けられる気がしたよ

夜に出逢った恋だから夢見てるのかと 疑ったけど

この頬を君につねってもらうたびとても痛かった

休憩時間に毎晩デートさポテトチップスを

内緒で持ち出し近くの公園ベンチに座って

君の微笑みと金星探したふと漏らす

溜息の意味まで分からずにいい気になっていたよ初めて君の部屋にね

泊まった夜に打ち明けられた卒業した後生まれた街へと

君は帰ること…明るい未来が突然悲しい僕は何度も引き留めたけど

君は困ってうつむいただけ…すぐに半年が過ぎて君はこの街離れていった

短い夜が連れ去る星のよう 朝霧の中へ…ただ…愛しあう気持ちだけじゃ

どうにもならないことも知ったよでも 君との思い出は消えないさまた恋をしても…

提供: うたまっぷ