歌詞

Aokage

ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁

いつもよりも向かい風が強く

ペダルを踏む足も疲れてきた

少しだけ遠回りになるけれど

風を凌げる細い小道通っていこう


もっと早く出掛ければよかった

時間には間に合わなさそうだ

きっと君は不機嫌になってる

言い訳探せるかな?


あのタバコ屋さんを曲がったら赤い屋根が見えてくる

大きな犬がいつものように吼えてくるはずだから

それを合図に君が窓から顔出して笑ってる

そうだとうれしいんだけど…


思っていたよりは怒っていない

だけどやけに僕より先に行く

さっき言った言い訳が嘘のように

背中を押す風に変わっている


「待ってくれよ!」なんて言える立場じゃない

君の前に行くのも違う気がする

しばらくはこのままで居ようか

やっぱり怒ってるのかな?


通りすがりの人から見れば不思議に写っただろう

「真剣な顔した男女が追いかけごっこしている」

追い風に乗った自転車は加速してゆくばかり

遅れた分取り戻せるかも…


あの急な坂登りきったら青影トンネルだ

車の排気ガスで煙いのを少しだけ我慢すれば

目の前が広くなった先に目指す海が見えるよ

そしたら機嫌直してね

提供: うたまっぷ