歌詞

n.t.

ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
岡野昭仁

物腰は柔らかく 感情は出さずに

スタイリッシュに振る舞う事が 大人というもの

目の前で起こっている 様々な現状を

冷静に噛み砕いていく 理想の将来像


なんだ つまんねぇ こんな 生き方

はやく 自分を塗り替えてしまえ


今 この胸から溢れ出す 情熱や憤りを

声高らかに吐き出せる そんな僕も そんな人間(ひと)も いいだろう


朝日が昇っている また今日が始まる

なのに少しも変われない 心打たれない


どうした? 小さくなってしまった?

もう 何にも入りきらないの?


ああ 素晴らしき感動が そこにはあった はずなのに

生きてゆく為に擦り減った? そんな僕を 悲しむべき なんだろう


風が舞う空にその身を投げることができますか?

大きな悲しみを前に耐えることができますか?

固く握り締めた拳を振り下ろさずにいれますか?

そしてそれが生きる事だと胸を張って言えますか? 嗚呼・・・

提供: うたまっぷ