歌詞

Winter Lovers

竹内まりや

作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや

一年振りに あなたが帰る

指折り数えた その日が来る

きれいになった 私を見せたくて

選んだセーター お気に入りの navy blue


どんなに退屈な毎日でも めげずに待ち続けてきたの

列車がすべり込んだ瞬間に

高鳴るハートは ピークを刻んだ


逢いたい気持ち 押さえられずに

あなたのもとへ 駆けてゆくの

冷たい頬に 触れたその手の

温もりに 心まで溶けてく


たとえ短い ひとときだって

あなたのそばで 過ごせるだけで

何もいらない キャンドルの灯りに

照らし出された ふたりは winter lovers


息ができないほど 抱きしめて

一年分愛し合いたい

窓に積もった 雪の白さが

まぶしく輝く 幸せな夜明け


また離れても 忘れないよね

確かな未来への約束

信じていれば こわくないよね

この次の冬まで さようなら


あなたを乗せた 列車の音が

消えても 雪は降り続いた

とり残された ホームのすみで

少しだけ 泣いたけど平気よ!


また離れても 忘れないよね

確かな未来への約束

信じていれば こわくないよね

この次の冬まで さようなら


あなたを乗せた 列車の音が

消えても 雪は降り続いた

とり残された ホームのすみで

少しだけ 泣いたけど平気よ!

提供: うたまっぷ