歌詞

Jewel Fish

GARNET CROW

作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利

走り出したら通り雨

もう一休みしてる

待ちきれない君は飛び出して

振り返りもせずに


信号が変わる一瞬の間に

もう離れ離れ


柔らかな愛が君に届くかな

涙隠して泳いでゆく Jewel Fish

世界人口 60億 嫌になっちゃうな

君に何度でも恋してる

夢を描くなら二人がいい

待ち合わせは波の向こう see you again


実際出逢った時はお互い

何か感じた筈で

現実逃避してもみえない

面影 成長しない


いつか生まれ故郷に帰る jewel fishも

大海へ出て暮らす


雨の日は雨の晴れた日は晴れの

過ごし方でいい泳いでゆく Jewel Fish

世界の何処にいたって僕らは

星屑よりも小さくて

そして大きすぎる夢もみれる

砂漠もゆく君のシルエット so cute


引き金は腕の中で


ありがちな絶望感に形を変えて

目隠ししたまま雨にうたれてる

誰も未来をまだ知らないで

此処にいるから希望抱いてゆける


届かない愛を胸に抱いていて

生きてきた証に変えてゆける?

いつか少しでも

君のいないこれからの日に

優しくなれるように

bury at sea

bury at sea for me

提供: うたまっぷ