歌詞

call my name

GARNET CROW

作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利

白い壁とRembrandt

いつまでも眺めていた

日曜の朝君とただ並んでた

開いた窓から差し込む光がほらそこに

ふと思い出したように call my name


何もない時を一緒に過ごせる

なんて贅沢な存在(ひと)

チープな贋作を集めてみて

一枚づつ週変わりにして


孤独(ひとり)になることが怖いくせに

一人が一番落ち着いていた

そんなお互いの心ん中

当たり前のように存在していたね


呼びなれた名前何度も

二人しかいない部屋で

ちゃんと呼んでくれる

ただ そんなことが

暖かく響くなによりも甘く be aware

見えない気持ち信じてしまいそう


四六時中君の事ばかりを

考えてるわけもなく

それなりに日々は楽しいけど

なくしたくないものは一つ


一つの答えに新しい問い

その疑問にまた次の答え

いつまでたってもスタート地点で

動けないみたいな遅い歩みで


君と歩いてゆく日々に

偶然重ね続けて運命の輪にしてく

そんなイメージを描いてゆくよ

揺れながら褪めないで

変わらない声で please call my name

ふと思い出したように call my name

見えない気持ち信じてしまいそう

提供: うたまっぷ