歌詞

君が見つめた海

GLAY

作詞
TAKURO
作曲
TAKURO

So long 今君がここにいたら

wow きっと喜んでくれただろう


夢見がちな瞳(め)は美しく 戦う事より潔く

清らかささえそのままに 君と歩いていた夏の日


君が見つめた海は 帰れない日々の真昼

時は彼女の命 まぶしいほどに 輝かせて


君が残したものは 終わらない夏の陰り

時よ彼女の命 奪わないで あと少しだけ


So long 君にもし羽があれば

wow どこへでも連れてゆけるのに


歌声は永遠(とわ)にゆるがなく 人々と共に歩むけど

僕だけが夏を追いこして 君だけがいつも微笑んでた


急に疲れた顔で 座りこむ春の嵐

無理に大丈夫だよって 震える肩が悲しかった


君が愛した場所は はるかなるあのまほろば

いつか連れてってくれた 丘を越え見てたかがり火を


息を吸いこむように 君の事大事にしてたから

君のいない右どなりを 不思議な感覚で 見つめてる

たとえ君がそばにいなくても たとえ君がそばにいても


君が見つめた海は 帰れない日々の真昼

時は彼女の命 まぶしいほどに 輝かせて


君が残したものは 終わらない夏の陰り

時よ彼女の命 奪わないで あと少しだけ


君が愛した場所は はるかなるあのまほろば

いつか連れてってくれた 丘を越え見てたかがり火を

提供: うたまっぷ