歌詞

アスパラ

aiko

作詞
aiko
作曲
aiko

あの子の前を上手に通る癖覚えたのは

もうずいぶん前の事 長いなぁ


あなたの視線追うと必ずいるあの子の前を

通り過ぎてる事であたしに気付いてほしくて


すぐそこの曲がり角で聞こえてきたんだ

あたしの耳には あの子を想う気持ち声になって

その先は言わないで聞きたくない


アイスは溶けてただまずいだけ

あたしの心もおいしくないわ

指の方まで流れてしまって

もう誰も振り向いてくれない


折れた鉛筆の先は

どこへ飛んで行くのだろう

あなたに宛てた手紙

いつも渡せないまま


昼すぎの教室から聞こえてきたんだ

あたしの耳には

あの子の笑い声と1つになって

走り去るこの廊下とても遠い


喉が乾いてただ痛いだけ

照りつける陽射しかわいくないわ

泣きたかったのにあたしの顔は

「認めるしかない」と笑った


アイスは溶けてただまずいだけ

あたしの心もおいしくないわ

指の方まで流れてしまって

もう誰も振り向いてくれない


今年もまた思い出すな

あの空あの道あなたの顔

汗の止まらない1時の廊下

思わず目を閉じた夏の日

提供: うたまっぷ